清酒 『水尾』 醸造元  田中屋酒造店 の ホームページです。
 

2018年 水尾カレンダー「石に積む愛着」

photograph by keiichi kobayash
 2018年 水尾カレンダー

今年も、地元飯山の写真家 小林敬一氏(フォトストック長野 代表)の撮影により、地元の美しい風景をバックに水尾のポスターカレンダーを作成しました。写真の風景は飯山市「瑞穂」と呼ばれる地区、名の通り瑞々しい田園を擁する地域です。

父は生前に社長として元気だった頃、毎朝、事務所の掃き掃除をやっていました。多忙な父に対して、なぜ他の者にやってもらわないのか聞きましたが、それには明確な答えはなくいつも自分で掃除を続けていました。いつの頃からかその役目は私へと変わり、忙しい時には腹立たしく思いながらもなぜか掃除を続けているうちに、父の想っていたことがなんとなく分かるようになってきました。

掃除は掃除機ではなく箒を使います。埃やごみを掃き集めながら、時には床に張り付いたセロテープを手ではがし、落ちているクリップを拾ってクリップ入れに入れます。空のダンボールがそのままになっていたりすれば、たたんで古紙として片づけます。時間があるときには机の下の溜まった埃なども箒で掻き出し掃除します。軽く汗をかいて事務所がきれいになると心も少しスッキリとしている事が分かります。

たぶん父は誰かのために掃除をしていたのではなかったのでしょう。毎日の喧騒の中で散かり汚れた事務所を、一日のはじめに掃除し整然とした姿に戻す。そしてすっきりした心持ちでまた一日を始める。その繰り返しが穏やかな日々を作りだし豊かな人生を作りだすことを、理屈ではなく体で知っていたのだと思います。

合理性やコストだけで考えることが多い「日々の仕事」を「豊かなもの」に変えるのは、そうして丁寧に日々の暮らしを整え愛でる事であると、言葉ではなくその後ろ姿で示してくれたのだと思っています。


株式会社 田中屋酒造店
代表取締役 田中 隆太

飯山の小さな 酒蔵 紹介

第12話「地元米を使った酒造り その2」
 (H22.8.5)

 
『水尾』 の 商品案内です。
新酒 搾れました。
第11話 「日本酒製造の技術レベル」
 (H23.1.11
)
 
『2018 水尾カレンダー』 
今年は飯山市瑞穂地区の棚田の風景です。

販売店のリストを作成しました。
   
お近くにお越しの際は、お立ち寄りください。  

意見・ご感想等メールにてお寄せください。
皆様方のご意見は今後の 「水尾」商品の開発にあたっての貴重な参考意見とさせていただきます。
    
   
   メールでご注文のお客様へ    
 メールを頂きましたら、翌営業日中にはお返事をと心がけておりますが、返信がない場合、
たいへん申し訳ございませんが、メール担当が不在等による場合もあります。
お手数をおかけして申し訳ございませんが、お電話、FAXにてその旨ご連絡ください。

 弊社まだまだ行き届かず申し訳ございません。メールにの着信をこちらで確認できない不具合とうとうもあり…… お手数をおかけして申し訳ございません。  よろしくお願いいたします。

原料米の産地情報 : 弊社のお酒はすべて長野県産米を使用しております。 (但し、「水尾 十年の記憶」のみ 米は国産、米麹は国産米となります。)
営業時間 :  9:00〜18:30   2018年 1月3日より営業
                      
休 日 : 日、祝日 (2017年1月より  醸造期も 日曜日店舗 はお休みを頂くこととなりました。2017年12月31日(日)は、17:00まで営業予定です。)   

        (蔵の行事等で早じまいやお休みを頂くこともあります。詳しくはお問い合わせください。)
       
 お酒は20歳になってから。
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
 株式会社田中屋酒造店
〒389-2253長野県飯山市大字飯山2227

0269-62-2057 Fax 0269-62-1203