醸造元 株式会社 田中屋酒造店 ホームページ

『水尾』蔵 の ご案内


蔵の方針

基本に忠実に
手造りにこだわる

良い水を使い、良い米を使い、そして基本に忠実な良い造りをする。こうしてできたあたりまえに良い酒を、お客様にあたりまえに楽しんで頂きたいと考えております。必要な設備は取り入れますが、基本的に重要な部分は手造りにこだわっています。麹は全量箱麹による手造り、仕込み単位は均一な温度管理の可能な1500kgまでとしております。
(写真:麹室2F)

蔵の環境

奥信濃の自然に恵まれて

長野県の北のはし、奥信濃 飯山 の旧町内に当蔵があります。冬は2mをこえる積雪のある豪雪地帯であり、酒造りは雪におおわれた蔵の中で行われます。造り水は20kmほどさらに北へ向かった水尾山の湧水を運搬し仕込の全量に使用しています。雪国飯山の趣向を良く知る地元の社員・蔵人によって、年間約500石を生産します。まさしく奥信濃の自然の恵みによって酒が造り出されます。
(写真:雪に覆われる蔵)


仕込水

奥信濃の自然に恵まれて

仕込水は全量 野沢温泉村「水尾山」のふもとより湧き出る天然水をトラックで運搬して使います。「水尾」という名には水の源という意味があると言います。その名の通り一年を通して豊富に湧き出る水は、飲んで甘さと透明感を感じるまさに銘水です。当蔵の製品はこの水ならではの特長を生かし、香り・味ともに良質で、しかも残らない後切れの良い味わいを実現しております。 (写真:ヤブタ)


杜氏・蔵人

地元 飯山杜氏と蔵人

酒造りは麹と酵母という生き物を相手にする仕事です。基本に忠実な酒造りを行なうには、造り期間中生活を共にした酒造りを行なわなければなりません。ゆえに、あたりまえの酒造りは、生活を共にできる人によって、作られるべきだと考えます。地元飯山杜氏と蔵から車で15分ほどの近くに住む社員・蔵人たちが協力して早朝・深夜の作業をこなし、酒を醸します。
(写真:地元蔵人)


原料米

良質な 長野県産米
原料米は長野県産の酒造好適米を基本的に100%使用し、さらにその70%が蔵から5km圏内で栽培されている契約米となっています。地域ならではの地酒という意味で、長野県の開発品種である「ひとごこち」・「しらかば錦」はもちろん、大吟醸等上位酒には全国的にも希少品種である地元木島平村産の「金紋錦」を使っています。地米を使った個性ある味わいの地酒を発信したいとおもっております。

 (写真:59%美山錦出麹)